一般社団法人 日本スポーツメンタルコーチ協会®︎について

代表メッセージ
Message

自分をはるかに超える人材を残す

代表 鈴木 颯人

この言葉は「世界で最も貧しい大統領」としてウルグアイで大統領を務めたホセ・ムヒカ氏の言葉です。任期中は多くの報酬を寄付し、必要最低限の生活をしてきた方です。 この言葉の出会いから私はスポーツメンタルコーチとして選手のサポートだけでなく、後任育成の必要性を感じました。そこで2017年より、「1人のスポーツ選手に1人のメンタルコーチを!」One Athlete, One Mental coachという理念で日本スポーツメンタルコーチ協会を任意団体を発足。2019年には一般社団法人化することになりました。

ライセンス発行者数が100人を超え、仕事依頼も年々増加。全国の都道府県で活躍しているスポーツメンタルコーチにご紹介できる状況になりました。 私が起業した2011年頃はアスリートを専門にサポートするメンタルコーチの存在の認知度が低く、先輩や周りの人に自分がしている仕事を伝えても毛嫌いされたことも珍しくありませんでした。 ただひたすらスポーツを頑張る人の心を支えてあげたい気持ちで当時誰も使っていない「スポーツメンタルコーチ」という肩書き背負いアスリートを支える黒衣として活動し続けました。 活動を始めて3年、私と同じような職業に就きたいと相談される機会が増え2014年末から資格講座をスタートし、ライセンスを発行するようになりました。細々と行っていたライセンス事業ではありますが、卒業生が100名を超え協会として産声をあげました。 私が伝えたいことは1人1人にどう寄り添っていけるか?ここを軸にずっと活動してきました。それはアスリートだけに限らずスポーツメンタルコーチである卒業生に対しても言えることだと思っています。ライセンスを発行することは簡単ですが、コーチ自身が活躍出来る場を提供することがリーダーとしての責務だと感じてます。 その為に、復習する機会、一緒に高め合える仲間、そして、1つでも多くの経験を共有できる場を提供し続ける仕組みや卒業生同士の関係性を構築する必要がありました。 そして現在、協会では3つの事業である、ライセンス事業、マッチング事業、そして、オンラインコミュニティー事業を確立したことでスポーツを通じてで誰もが笑顔で幸せな社会に少しでも貢献できるように日々活動し続けます。

主な取引先ホリプロ、東京東海フィナンシャルホールディングス、KADOKAWA、かんき出版、三笠書房、サンクチュアリィ出版、日立化成、JR東日本、FMヨコハマ、ゴルフダイジェスト社、慶應中学、公益財団法人日本財団パラリンピックサポートセンター、東急スポーツオアシス、Next conenect、都立狛江高校サッカー部、都立小平高校合同セミナー、フットボールトライアウトアカデミー、第4回彩球野球学校、早稲田大学女子サッカーチーム(インカレ日本一)、東京農業大学女子ラクロス部、武庫川女子ラクロス部、日本競輪選手会(ガールズ競輪・新人研修)など
主な実績(2021年8月まで)東京オリンピック内定5名
世界チャンピオン8名
日本チャンピオン13名
プロ野球ドラフト会議指名選手4名
J1リーグ契約3名
書籍一覧・弱いメンタルに劇的に効く アスリートの言葉――スポーツメンタルコーチが教える“逆境”の乗り越え方
・メンタルコーチが教える 潜在能力を100%発揮する方法
・モチベーションを劇的に引き出す究極のメンタルコーチ術
・最高のリーダーは「命令なし」で人を動かす
・脳科学×心理学 うちの子のやる気スイッチを押す方法、教えてください!
・親が変われば、子どもが変わる
・一流をめざすメンタル術

協会概要
Association

名称一般社団法人 日本スポーツメンタルコーチ協会®︎
代表理事鈴木颯人
所在地東京都世田谷区野毛1-13-7 空音の森102号室
事業ドメイン
商標登録日本スポーツメンタルコーチ協会®︎
オンラインサロンオンラインコミュニティ・space
関連グループ一般社団法人日本スポーツメンタルコーチ協会 スポーツメンタルコーチ資格講座
会員規約こちらからご確認ください

スポーツメンタルコーチを目指す

メンタルトレーニング以上の結果を生み出す、スポーツメンタルコーチに興味を持っている方に向けた、脳と心の仕組みをもとに選手のパフォーマンスを100%引き出すスポーツメンタルコーチになるための7日間の養成講座のご案内はこちらから。