スポーツメンタルコーチ、増田 良子のタマシイに触れる。
ありのままの自分で、笑顔いっぱいの人生に
なぜスポーツメンタルコーチになりましたか?
“ありのままの自分でいろんなことに挑戦し、笑顔いっぱいの人生を歩める人を増やしたい”
私自身は中学の時に陸上競技をしていましたが、怪我で自分が競技をする側を引退せざるを得ませんでした。 高校と大学の時には、大好きなラグビーをする選手を支えるマネージャーへ。 子どもが生まれて、4歳でラグビーを始めてからも、ラグビースクールスタッフとしてプレーヤーを支える役割をしてきました。 勝てない試合、勝ちきれない試合など数多く見てきた中で、「選手の心の在り方」の重要性を強く感じていました。 またそれと同時に、親が子どもの心に与える影響について、「親の心の在り方」がとても大切だと考えています。 「声のかけ方ひとつで、良くも悪くもプレーが大きく変わる。」 「親の表情を伺いながらプレーしている子がいる。」 これらは競技中だけでなく、普段の生活から意識が必要なことです。 目標達成に向けて頑張るアスリートのサポートはもちろん、子育て経験と保育士経験のある私だからこそ、アスリートのお子さんを持つ保護者のサポートもしていきたい、そういう思いに至るまでに、時間はかかりませんでした。 ありのままの自分を受け入れ、なりたい自分になるための成長ができるように、丁寧に寄り添うサポートをしています。
サポートで大事にしていることは?
“夢は大きく、一歩ずつは丁寧に”

決めた目標も、思い描いている夢も、簡単にはたどり着けないものかもしれません。ただ、どんな山も、一歩ずつ歩を進めていくことで、たどり着くことが出来るのと同じで、一歩一歩積み重ねていくことが大切です。
誰に「無理だ」と言われようと、関係ありません。
自分の人生のあらゆる選択は、自分自身にゆだねられています
「他人からの評価が気になってしまう」
「過去の経験に囚われていて勇気が出ない」
このような感情は、前へ進もうとするときに大きなブレーキとなってしまいます。
ブレーキの存在に気付くためのサポート、そして今現在のありのままの自分を受け入れて、一歩ずつ目標や夢に向かって自分で選択し、成長していくためのサポートをさせていただきます。
人生の最後に「笑顔いっぱいの人生だった」と思える人が増えて欲しいです。

スポーツメンタルコーチングに興味のある方へのメッセージ
“ありのままの自分で自分自身の成長を感じられたら、ますます成長が楽しくなります”

アスリート自身が他選手と自分を比較してしまうことがあります。
また、アスリートの保護者が、同じ競技をしている他の子と比較してしまうことがあります。
さらに、保護者の方自身が、他の保護者と比較してしまうことがあります。
自身の成長を見るために、他人と比較することには意味がありません。

「今日の自分は昨日の自分より成長していますか?」

大切なのはこちらの方です。
常にベクトルを自分に向けて、自分自身が成長することに集中できたら何が起こると思いますか?
わくわくしながら、笑顔いっぱいの人生にしていきましょう!!

トップスポーツメンタルコーチによる
体験メンタルコーチング
スポーツメンタルコーチ協会®︎が誇るトップメンタルコーチのコーチングを
45分間体験で受けることが出来ます。まずはお気軽にご相談ください。
OTHER COACH
その他のコーチのタマシイに触れる
ph_ishi01
ph_hashimoto02
ph_kubota02
ph_masuda02
ph_sugimura
img_aboutus03