スポーツメンタルコーチ、橋本 勇郎のタマシイに触れる。
「スポーツをすることの喜び」を最⼤限に味わえるようなプロセスを⼀緒に作り上げたい
なぜスポーツメンタルコーチになりましたか?
“大学時代に学んだ心理学を生かして選手の役に立ちたい”

私がメンタルコーチを志したのは、純粋にメンタル⾯で悩みを抱える選⼿の役に⽴ちたいと思ったからです。
実は私⾃⾝、学⽣アスリートとしてサッカーやアメリカンフットボールなど様々な競技に取り組んできた中で、思うような活躍をしてきたわけではありませんでした。時にはチームメンバーとコミュニケーション⾯でぶつかり悩んだり、⾃分⾃⾝がパフォーマンスを発揮しきれないことに悩んだり、正直なところ上⼿くいかない経験の⽅が多かったかもしれません。
本当であれば現役の間にそれに気がつき、改善するということができればよかったと今でも思います。しかし、当時はそもそもメンタル⾯に課題があるということに気づくことすらできず、現役を引退してからどうして上⼿くいかなかったのだろうと悩むことで、ようやく「⾃分はメンタル⾯を改善すべきだったのかもしれない」と気が付きました。
その当時私は⼤学院で⼼理学を学んでいたこともあり、「今学んでいることを⽣かして⾃分のような悩みを抱える選⼿の役に⽴てるかもしれない」と思うようになり、スポーツメンタルコーチを志しました。

サポートで大事にしていることは?
“共に、目の前の困難を楽しむ”

選⼿をサポートしている中で⼀番気にしているのは、⽬の前の選⼿が進みたい⽅向を理解し、今この瞬間にその⽅向に進むための⼀歩を⼀緒に考えることです。さらに、選⼿にはそう⾔った⾃分の成⻑のプロセスを楽しむという気持ちを持ってほしいと思っています。
スポーツ選⼿が⼀流と呼ばれるまでになるためには、⻑期間に渡ってその競技に取り組み、⽇々の練習や試合の中で最⼤限努⼒することが必要です。ただ、そのプロセスの中では頑張り続けるだけでは上⼿くいかなくなることだってあります。時には⾃分の限界と向き合う⾟さに⼼が耐えられなくなってしまうこともあるかもしれません。
しかしそんな時こそ⽬の前の困難を楽しむということが⼤事です。例えば⾃分が⼼から愛する競技を始めた時のエピソードを思い出してみて下さい。競技を始めた時、⾃分が上⼿にプレーできたことや、今から考えるとほんの⼩さな成⻑でさえ、そこには喜びがあったと思うのです。⽬の前のことに全⼒で取り組むのが楽しくて仕⽅がなかったのではないでしょうか。
実はそういった「夢中」と呼ばれるような状態こそ、私たちは持っている全ての⼒を発揮できます。そして私たちにとって、今持っている全ての⼒を発揮できるということは⼼から楽しい経験であるはずです。
私は選⼿との関わりの中で、「スポーツをすることの喜び」を最⼤限に味わえるようなプロセスを⼀緒に作り上げたいです。スポーツメンタルコーチングはそのために存在すると思います。 

スポーツメンタルコーチングに興味のある方へのメッセージ
“スポーツメンタルコーチは選⼿が抱えるメンタルの悩みを解決し、競技⼈⽣をより良いものにするために、メンタルについて学びを深め、そのための技術を訓練しています”

メンタルという領域は、⾮常にプライベートなものです。⼼の悩みは誰にでも打ち明けられるものではありません。さらに「強さ」や「ストイックさ」がイメージされるアスリートほど、「メンタル⾯に弱さを抱えていてはいけない」と思ってしまい、悩みを⼼の奥底に閉じ込めてしまうこともあるようです。
しかし、そうやって 1 ⼈で抱えてしまうということこそ、⼼にとっては最も⾟い選択の⼀つです。そしてその選択はあなたのメンタルをよくない⽅向に変えてしまうというケースは⾮常に多くあります。
もしあなたが悩みを抱えていて、⾝近に「この⼈なら⼤丈夫」という⼈がいるのであれば、まずはその⼈を頼って、話を聞いてもらうのも⼀つの⼿段です。悩みを⼈に打ち明けること=⼼の弱さではないということを覚えておいて下さい。
そして、周りに相談できる⼈がいなかったり、相談しても残念ながら解決できなかったというときは、プロに相談するというのも有効な⼿段の⼀つです。我々スポーツメンタルコーチは選⼿が抱えるメンタルの悩みを解決し、競技⼈⽣をより良いものにするために、メンタルについて学びを深め、そのための技術を訓練しています。我々は悩みに寄り添い、その解決⽅法を⼀緒に探ることができます。
どうか、1 ⼈で悩まないでください。
スポーツメンタルコーチングが、あなたのより良い競技⼈⽣の助けになることを祈っています。

トップスポーツメンタルコーチによる
体験メンタルコーチング
スポーツメンタルコーチ協会®︎が誇るトップメンタルコーチのコーチングを
45分間体験で受けることが出来ます。まずはお気軽にご相談ください。
OTHER COACH
その他のコーチのタマシイに触れる
ph_ishi01
ph_hashimoto02
ph_kubota02
ph_masuda02
ph_sugimura
img_aboutus03